BLOG

【kiguuのまかない】フライパンで天津飯

寒い日に食べたくなるものと言ったら、
わたしは「あんかけ」ものを思い浮かべます。
チャーハン、焼きそば、ニラ玉、ラーメン、うどん、、
トロっとした餡が、料理に蓋をするかのように温かさを保ってくれて
体の中から温まる感じがしますよね。

今日はフライパンを使って、天津飯を作ってみました。

材料(2人分)
・卵 2個
・カニカマ 適量をほぐす
・青ネギ

調味料(全部混ぜておきます)
・水 150㏄
・片栗粉 大さじ1
・生姜すりおろし 写真のもの1/3程度※お好みで調整
・中華風の顆粒だし 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1
・醤油 小さじ1
・塩 少々
・胡椒 少々

フライパンに火をかけたらスピード勝負!あっという間にできるので、ごはんはお皿に盛っておきます。

SMLオリジナルフライパンは、中華鍋の深さと、フライパンの振りやすさを兼ね備えたこだわりの逸品です。揚げ、炒め、焼きを網羅でき、食材を鍋の中で混ぜやすい良さもあります。

チャーハン、焼きそばなら2人前を作るのにちょうどいいサイズです。

鉄のフライパンを使いこなすコツは、油をたっぷり使うこと。
鍋と食材がくっかないように、鍋肌に油が馴染むことと、食材が油でコーティングされること、その両方の意味で油を適量惜しみなく加える重要です。

さて、フライパンと胡麻油が温まったところで、カニカマを炒めます。ジュジュっと全体に油が回ったら調味料を投入。沸々っと煮立って片栗粉のとろみが出たら、一度フライパンから取り出します。

空いたフライパンそのままに、油を足して、卵に火を通します。トロっとした卵がお好みなら半熟に。ごはんをオムライスのように包みたいなら薄焼きに。

卵が自分好みに仕上がったら、用意してあったごはんにのせます。
上から餡をかけ、青ネギを散らしたら完成です!!

※ちなみに・・・
フライパンは熱が残った状態で、そのまま流しへ。洗剤を使わず流水で金束子や棕櫚束子などを使って擦り洗いし、水を軽く切ったらコンロで火にかけて水分を飛ばしてくださいね。

フライパンの鍋肌を見て油分が少なさそうだったときや、しばらく使わないときは油を伸ばしておきます。
ここまで3分以内で出来ます!サッと綺麗にしておくと、食後の片付けも楽ですし、気持ちが良いと思います。

ネギたっぷり、生姜の効いた温まる味でした!

味付けのバリエーションとして、醤油を入れずに代わりにXO醤を加えると、海鮮の風味の効いた大人味になりますよ。

今日も美味しくできました。
ごちそうさまでした。

サトウ