BLOG

“kiguuのオリジナル瓶詰め” シリーズ名とパッケージが出来るまで

“kiguuの瓶詰め”が出来るまでをお届けする第3弾。
本日は、パッケージデザインについてご紹介いたします。

“kiguuの瓶詰め” には【 婀娜 ada 】という名前がついています。

たおやかで艶めかしいさまを表す「婀娜」は、
魅力的で色っぽい女性を形容するときに使われる言葉です。
旬な果実の濃厚な甘味と香りの高さ、味わいが、
とても官能的に感じられたことからシリーズ名としました。

千恵さんの作るジャムは、同じ果実、同じ材料を同じ条件で使っても、
二度と同じ味わいになることがありません。
一期一会で、手に入れた方しか出会うことの出来ない美味しさ。
そんな出会いを楽しんでいただきたい想いを込めています。

このシリーズを今後長く続けて、ジャムだけでなく、
塩漬けやソースなども作っていきたいという展望から、
“瓶詰め” と表記することになりました。

シリーズ名が決まったところで、
パッケージをデザインに取り掛かります。

【婀娜】は見慣れない漢字の並ぶ、少し難しい字面です。
少しとっつきにくいけれど、不思議で、気になる・・
パッケージでも面白味を感じていただきたい!と考え、
書家の 国分佳代 さんに、題字をお願いすることに決まりました。

打ち合わせの席で、さらさらさら…と筆を進めながら
イメージを膨らませていく、国分さん。

「最近のトレンドなのか、ひらがなや、読みやすい字を書く機会が多くて。【婀娜】は女偏の難しい漢字が二つ続く画数の多い文字です。書き甲斐がありますね。」

画数の多いほうが、イメージを文字で表現する面白さがあるそう。
半紙の色も変えながら、たくさん書いてくださいました!

象形文字のような字、
アルファベットのようにも見える字、
意志の強い女性を感じさせる字、
セクシーさと少し悪い雰囲気を醸し出している字
カジュアルな雰囲気の字、など。。。

その、本当に多くの文字の中から、
すんなりと読むことはできないが記憶に残る美しい【婀娜】をひとつ選びました!

次回は、それぞれの瓶詰めにおすすめなペアリングについてお届けします。
→第四話 “kiguuのオリジナル瓶詰め” お召し上がり方いろいろ!ペアリングの楽しみ
https://kiguu.net/news/61651f4ac120963da8b751e8

サトウ

▽▼▽前回までのブログはこちら!
第一話 “kiguuのオリジナル瓶詰め” 企画スタート!
https://kiguu.net/news/6152b868306ad342abed1b83

第二話 “kiguuのオリジナル瓶詰め” 一期一会のフルーツ
https://kiguu.net/news/615d440bedf49f64d2fb867d

・・・・・・・・・・

国分佳代
東京都

石川県金沢市出身。
1988年より書道を学び、2000年に師範資格取得。
14年の会社員生活を経て2004年よりフリーのデザイン書家として活動開始。日本酒・食品のラベル・パッケージ文字・書籍・CDジャケット・映画の題字・店舗ロゴ など、商業用筆文字制作を主に、年に1回のペースで個展にて作品発表。2011年より“言葉を知る・書く・贈る”をテーマにした「国分佳代書の教室」をはじめる。現在目黒区内で開講中。

https://www.instagram.com/kayo.0123/