石川硝子工藝舎 G1.6 No.6
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

石川硝子工藝舎 G1.6 No.6

¥9,350 税込

送料についてはこちら

サイズ:直径約16.5cm 高さ約10cm 重量:711g 素材:硝子 ●日用品の美しい器 少し黄みがかったハチミツ色の硝子が美しい。深さを活かし冷製スープやサラダを入れるボウルとして、草花を浮かべても涼やかでよい。その場の空気をすっと変えてくれるような存在感がある。 =============== ご使用上の注意 ・耐熱ガラスではありませんので、熱湯を入れたり、電子レンジやオーブン、食洗器のご使用はお避け下さい。 =============== 石川硝子工藝舎 石川昌浩 岡山県早島町 1975年東京生まれ。倉敷芸術科学大の1期生としてガラス工芸コースに進学、倉敷硝子の第一人者小谷真三氏に師事。1999年大学を卒業したての同級生と共に周囲の反対を押し切り共同制作窯を創業。その後、解散し石川硝子工藝舎と改名。5年間の御礼奉公と決めた母校での講師時代に2人の卒業生を招く。職人として共に働くことで誰よりも数多く吹き「日本人がつくる日本のガラス器」を目指し制作。