型染うちわ 柚木沙弥郎

型染うちわ 柚木沙弥郎

¥2,948 税込

送料についてはこちら

  • 鯉・朱

  • 鯉・青緑

サイズ:幅約29㎝ 全長約42㎝ 重量:約40g 素材:竹、和紙 ●おおらかで趣のある図案 洗練と素朴さとユーモアを兼ね備えたデザイン。にじみや色むらは、印刷では表現できない型染めならではの風合いで、図案を生き生きと感じさせる。伝統に裏打ちされる民芸の香りを保ちつつも、飽きない軽やかさが魅力。 ●良質な竹を使って、一つ一つ丁寧に 丸い1本の女竹をそのまま細かく割いて骨にする構造の「房州形」は、竹そのものの丸みを活かした柄が手馴染みよく、仰ぐとしっかり手応えのある弾力が特徴。400年の伝統と国内シェア9割の生産量を誇る香川県丸亀の団扇職人が、一本ずつ和紙を張り、成形している。 =============== ご使用上の注意 ・持ち手や骨部分は天然の竹を使用しているため、竹の模様や色、かたちなどには個体差があります。 ・型染めの手法上、柄のにじみやズレ、色味やかすれ具合には個体差があります。 =============== 柚木沙弥郎 1922年生まれ。画家の家に生まれる。戦後、民藝運動の創始者・柳宗悦に傾倒し、型染めの第一人者である芹沢銈介に弟子入り。大胆かつ調和のとれた色使いは芹沢作品の特徴を継承しつつ、動物や自然をモチーフとしたデザインには、どこか頬が緩むようなお茶目さやあたたかさといった柚木独特のセンスが光ります。今もなお、ジャンルを超えて多くの若手作家に影響を与える存在でもある。